無料相談受付中

075-741-6531

平日 9:00~21:00 事前予約にて土日・夜間も対応

【預貯金解約】長年連絡を取っていなかった相続人との間を取り持ち、手続きを行ったケース

ご相談内容

ご相談者様は、ご主人様が他界され、唯一の相続財産である預貯金をご自身の口座に移そうと、相続手続きを進めていましたが、一部の口座がキャッシュカードや通帳の管理をご主人様に任せていて見つかりませんでした。

また、長年連絡を取り合っていなかったご主人様の甥・姪のご協力も必要であったため、相談者様がご自身で手続きを進めることが難しく、手詰まりとなられていました。

その預貯金の中にはご相談者の両親からの相続で受け取った財産も含まれており、他のご相続人様にどのように伝えて手続きを進めればいいか、困って相談に来られました。

当事務所からのサポート

ご相談者様からお話しをお聞きすると、一部のご相続人の方とは直接連絡を取り合ったこともないとのことでした。

金融機関で取得した取引履歴等の資料を基に当事務所で作成したご相続人に対する説明資料を提示したうえで、今回の相続財産にご相談者様の財産も含まれている旨も丁寧にお伝えいたしました。

その後、ご相続人様全員が納得されたことを確認の上、遺産分割協議書作成・金融機関での預貯金の解約へと進めることができました。

結果

丁寧に説明することで他のご相続人の方々も納得され、結果的に全額ご相談者様にお渡しすることができました

ご相続人間で透明性を図りながら相続手続きを進めることは重要ですが、きっちり調査をした上で遺産分割を行うことは困難な場合が多いです。

弊所にご依頼頂ければ調査も含めて手続きのすべてを代行させて頂きますので面倒な作業は一切不要です。

手続きの進め方も各ご家庭・各ご親族に合った形をご提案致します。是非、お気軽にご相談下さい。
 

>>解決事例一覧に戻る

ご相談は無料です。お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

075-741-6531

平日9:00~21:00事前予約にて土日・夜間も対応

お電話でのお問い合わせはこちら
075-741-6531


平日9:00~21:00
土日・祝日・夜間のご相談も可能です。詳しくはお問い合わせください。