無料相談受付中

075-741-6531

平日 9:00~21:00 事前予約にて土日・夜間も対応

【相続手続き】相続人同士が疎遠だったが円滑に相続手続きを行ったケース

ご相談内容

お父様はすでにお亡くなりになっており、最近お母様が亡くなったので二人息子である弟様からご相談でした。
相続人であるお兄様とは長い間連絡を取っていなかったため、どのように手続きを開始すればよいのか分からず、当事務所にご相談に来られました。

当事務所の対応

相続財産は京都、滋賀の不動産、預貯金がありました。
京都の不動産をお兄様に、滋賀の不動産をご相談者様にそれぞれ相続したいとのご意向がありましたので、

当事務所の対応といたしまして、
①相続人の戸籍収集
②お兄様へのお手紙文の送付
③お電話での内容説明
④登記書類の作成、遺産分割協議書の作成、各種届出

上記内容を行いました。

結果

何年も連絡を取っていないお兄様とご依頼者様は直接お会いすることなく、すべての相続手続きを完了することができました。
この様に、相続人同士が疎遠であったり、大勢で連絡調整をとることが難しい場合等のご相談は数多くいただきます。
必要書類の押印などは郵送で対応することができます。

当事務所では「相続人と疎遠で連絡を取りたくない」「相続人が多くてすべての押印を取得することが難しい」等のお悩みに対し「相続手続きまるごと代行サービス」をご用意させていただいております。是非当事務所にご相談ください。

>>相続手続きまるごと代行サービスはこちら

>>解決事例一覧に戻る

ご相談は無料です。お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

075-741-6531

平日9:00~21:00事前予約にて土日・夜間も対応

お電話でのお問い合わせはこちら
075-741-6531


平日9:00~21:00
土日・祝日・夜間のご相談も可能です。詳しくはお問い合わせください。