無料相談受付中

075-741-6531

平日 9:00~21:00 事前予約にて土日・夜間も対応

【遺言】子供がいなかったため、どちらかが亡くなった際に財産を配偶者のみに渡すために遺言書を作成したケース

子供いない財産残す

相談内容

京都市にお住まいの夫婦からのご相談でした。

夫婦ともに年齢が80歳代であり、子どもがいないという事で、将来的にどちらかが亡くなった場合にもう一方だけに財産を相続したいという事で、ご相談にいらっしゃいました。

当事務所からのサポート

通常、お子様がいらっしゃらない場合、
直系尊属(親)、兄弟姉妹が相続人となります。
しかし、お互いの兄弟姉妹に相続財産を渡さないことをご希望されていたため、遺言書の作成をご提案しました。

遺言書を作成し、どちらが亡くなった場合に財産を配偶者だけに渡す旨を記載することで、相続財産が兄弟姉妹に相続されるという事を回避することができます。

結果

無事に遺言書を作成でき、ご夫婦ともに安心されている様子でした。

相続財産を指定したとおりに相続してほしい場合に遺言書は非常に有効な手段ではありますが、ただ遺言書を自筆で作成した場合に効力を発揮しない
場合があります。
一度、相続の専門家である司法書士にお見せいただくことで、お持ちの遺言書が効力を発揮するものなのかをチェックさせていただきます。

是非、お気軽にご相談下さい

ご相談は無料です。お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

075-741-6531

平日9:00~21:00事前予約にて土日・夜間も対応

お電話でのお問い合わせはこちら
075-741-6531


平日9:00~21:00
土日・祝日・夜間のご相談も可能です。詳しくはお問い合わせください。