無料相談受付中

075-741-6531

平日 9:00~21:00 事前予約にて土日・夜間も対応

【相続登記】遠方の土地を相続したが、名義が祖父のままだったケース

遠方の土地を相続

相談内容

福岡市にお住まいのお父様が亡くなられた為、京都市にお住まいの男性から相続に関するご相談をいただきました。
亡くなられたお父様が保有されていた土地の中に祖父名義のままとなっていた土地があったということで、相続を行うのに合わせて自分の名義に変更したい、とのご相談でした。

当事務所からのサポート

まず、お祖父様が亡くなられた際に相続人であった、お父様のご兄弟である叔父様と、お父様の関係についてを、併せて、お父様の財産を調査しました。
調査をした結果、お父様がお祖父様の家督相続をしていたということが戸籍への記載によって判明しました。

家督相続をした際にお祖父様名義の土地を引き継いだかを確認するために遺産分割協議書が必要になるため、相談者様に福岡市へ行っていただき、
お祖父様が亡くなった際に作成された遺産分割協議書を探していただきました。

結果

遺産分割協議書を確認していただいたところ、お父様が全ての財産を相続する旨の協議がされていることが確認できました。
これによって、お祖父様の名義になっていた土地を無事に相談者様の名義に変更することができました。
 

>>解決事例一覧に戻る

ご相談は無料です。お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

075-741-6531

平日9:00~21:00事前予約にて土日・夜間も対応

お電話でのお問い合わせはこちら
075-741-6531


平日9:00~21:00
土日・祝日・夜間のご相談も可能です。詳しくはお問い合わせください。